カナダで暮らす

飯が食えずに家など買えぬ 〜カナダでの生活で感じずにはいられない体と心の食に対する拘り〜

食に対する興味は薄れたと思っていたのがカナダに来た事で気がついた。そう、以前は恵まれていただけ。ここに来て執着心?が再燃してしまったらしい。

コロナ禍で改めて露呈するカナダの託児事情の問題点

所謂「認可外」の託児所が全体に占める割合が大きいカナダ。これまでも全国各地で問題が発生し、その度に大きな議論を巻き起こしている。

もしホンネしか話す事のできない世界だったら カナダ人は一体何を話すだろう?

どこの社会にも「主流派」と「非主流派」が居て、無条件で刀を与えられた者と、盾すら持つ事ができない者が存在している。

海外生活で人様の顔を覚えられない不思議と苦悩

カナダに来てから人様の顔を覚えられない。ただこの問題には一つ特徴がある。覚えられないのは相手がヨーロッパ系白人の場合だけという点だ。

郵便事情があまりに信用ならなくてカナダの民は皆不安に駆られているという話

カナダポストも、DHLやUPSなどのクーリエも、Amazonからの配送も、そしてUber Eatsだって、とにかく揃いも揃って誤配送をぶちかます。