カナダで暮らす

腎臓肥大と股関節形成不全を同時に発症した我が家の犬 でも泣いてばかりもいられない

犬は子か、それとも友か。私にとって、少なくとも今の時点では、犬は自分が精一杯守ってやらなければならない我が子だ。

いつも半地下から漂うのは濃厚なチーズの香り

我が家のベースメントに住むのは、大らか過ぎず、自由過ぎないレアキャラ的カナダ人男性。私が唯一苦手なのは彼が焼くピザの匂いぐらいだ。

カナダで股関節形成不全の診断を受けた犬の飼い主になって

股関節形成不全と診断された我が家の次女。今後の治療方針、選択する術式とそれを選択する理由、そしていつ、どこで手術を受けるのかについて。

カナダ(アルバータ州)でコロナワクチン3度目の接種を受けて

私が住むカナダ・アルバータ州では、9月1日から一部の人を対象に3度目の接種の提供が開始されている。

カナダで股関節形成不全の診断を受けた犬

どうも足の調子がおかしいと感じていた我が家の犬。レントゲンを撮ってもらった結果、大型犬によくある股関節形成不全と診断されてしまった。