11ヶ月:カナダの市民権申請の審査終了までに要した時間

カナダの市民権を申請すると決断するまでに数年かけたくせに、一旦申請書類を提出してしまうと急に時間の流れが遅くなったように感じられる不思議。

結局申請当時に公表されていた所要時間とほぼ同じ

待てども待てども変化が無い・・・。

いつの頃からか、いい加減諦め気味になって確認するのさえ億劫に感じていた進捗状況。それが最近になってとうとう更新された。

4月上旬に市民権テストを受けた時には、その後すぐにでも審査が終了するものだと思っていた。しかし実際にはそれから4ヶ月を経てようやく今に至る。

関連記事:『カナダの市民権取得申請を出して9ヶ月時点での進捗状況』

この間随分と長く待たされたような気分になっていたのだが、去年の9月に申請を出した際、全過程に要する時間は約1年と移民局のサイトで案内されていたから、ほぼその通りに進んで来たということになる訳だ。

現時点(2022年8月)で申請を出した場合の所要時間を改めて見てみると26ヶ月もかかるらしく、その半分以下でここまで到達できたのは充分上出来であると捉えるべきなのだろう。

実際には何年も結果を待ち続けている人が居る

まだ宣誓式のセッティングを待つ身であり、それまでにあとどれだけの時間がかかるのかも分からない状況にあるとは言え、このコロナ禍の最中に、少なくとも審査というステップを11ヶ月で済ませることできたのだから悪くない。

この日を迎えるまで、他の人はどれだけ待たされているのだろうかと、何度もネット上の掲示板を繰り返しチェックしていた。すると、中には3年以上も待ち続けているという人も居て、そんな彼等の辛抱強さを見せられる度、私は申請してからまだ1年にもならないではないかという思いと、自分も同じように長い時間待たなくてはいけないのだろうかという不安が交互にやって来ては苦しめられた。

問題は、そうした何年も首を長くして待ち続けている人達に、これと言った共通項を見出すことができなかった点にある。一体何が原因でそこまで時間がかかっているのか、単に運が悪いだけなのか、私には答えが見つからなかった。

だから、こうして審査が無事終了しても、私と彼等の間には共通項が無かったのか、それとも私の運が彼等より少しばかりよかったのか、結局のところは分からずじまいだ。そのいずれにせよ、審査に通ったことをひとまず素直に喜ぶとしよう。

関連記事:『日本国籍を失ってでもカナダの市民権を申請すると決めた理由』

宣誓式を待つ心境

市民権を申請するかどうか、何の為に申請するのか、随分と時間をかけてそういったことを考えたはずだったのに、いざ取得の時を間近に控えてみても、これと言って複雑な感情も無ければ、何か感慨深いものがある訳でもない。ただ待っているだけのどっちつかずの状態におさらばできるとの思いがあるだけだ。

今はまだ、カナダの市民権を取得するよりも、日本国籍を失うことに重さを感じ、かと言ってそれが寂しいなどという感情を覚えるのでもなく、今後待ち受ける数々のタスクをどのようにこなして行くのかを考えていて、宣誓式は私にとって一つの境界線のように映っている。

関連記事:『日本国籍を喪失する前に調べておきたいことをリストにしてみる』

宣誓式自体はコロナの影響でオンラインで実施され、全く味気の無いものだろうから、そこに私が期待するに値するような「何か」があるとも思えないのは少し残念だ。

今できることは、そこで初めて歌うことになるカナダ国歌を練習しておくぐらいだろう。どうせヒマなのだし、この際英語バージョンだけではなくて、フランス語バージョンも覚えてしまおうかと思っている。

オススメのダシガラより

国籍喪失届の提出に日帰りでトロントへ

トロントまで国籍喪失届の提出に。これで「隠れ多重国籍者」になる条件を失い、日本の戸籍からも除籍されることに。

カナダの市民権証書が届くまでの待ちぼうけ

コロナ禍以前であれば市民権授与式で直接受領できたはずの市民権証書。ところが授与式がオンラインに移行し、証書も郵送されるのを待たなくてはならない。

外国の市民権を取得後に日本の運転免許は使えるのか

日本国籍を失い、日本での住民登録すらも無い。それでは実家の住所が記載されたままの運転免許証は今後も引き続き使えるのだろうか?

カナダ人になった元日本人の私

今日無事に市民権授与式での宣誓を済ませ、カナダへの移住から6年半、ついに晴れてカナダ国籍を取得した。

女王陛下逝去がカナダの市民権授与式に与えた影響

女王陛下が逝去された以上私が忠誠を誓う相手はもうその人ではない。そして新たな相手はと言えば、当然ながらあの「チャールズ皇太子」である。