ウィンザーとはどんな町?生活を始めて1ヶ月の今日までに覚えた印象から

ネット上で偶然知ったアブドーラ・ザ・ブッチャーの故郷であるという事実が、私にもこの町に対して不思議な親近感を抱かせてくれた。

カナダとダイバーシティ そんな安易に結びつけないで欲しい

ダイバーシティがカナダにこそ属する概念であるかのように、誇りを持って口にする人が少なくないように感じるけれど、ダイバーシティって一体何だろう?

カナダに暮らす英語弱者が医者と向き合う時に覚える無力感

英語の環境で暮らせば自然と英語が話せるようになる?40を目前にようやくカナダに移住した私にはまるで夢物語に等しい。

カナダの田舎暮らしの理想と現実

田舎暮らしを実現する為に求められる代償が意味するものについて、自分があまりにも無知である事に人は気がつかない。

日本国籍を失ってでもカナダの市民権を申請すると決めた理由

最近になってカナダの市民権取得の申請をする事に決めた。この国に来てもうすぐ5年。間も無く44になろうとしている時に。

「もう振り返らない」カナダの市民権取得申請を提出した話

皮肉にもコロナウイルスの大流行が手伝ったのか、いつの間にかオンラインでも市民権取得の為の申請ができるようになっていた。

カナダで犬と暮らす

カナダで保護施設から引き取った犬が家族になってそろそろ1年になるこの時に書き残しておきたい事

私の家族になったのは、真冬に雪深いアルバータの荒野を放浪していたという1頭の雌犬。当時はまだ肋骨がくっきりと浮き出る程に痩せ細っていた。

He or She? ドッグオーナー同士の会話から

まだ5ヶ月の我が家の愛犬。ちゃんと「おすわり」ができれば人様には「good boy!」と言って褒められる。ところがこの子は女の子である。

カナダで股関節形成不全の診断を受けた犬の飼い主になって

股関節形成不全と診断された我が家の次女。今後の治療方針、選択する術式とそれを選択する理由、そしていつ、どこで手術を受けるのかについて。

カナダを旅する

カナダで散歩を楽しめる町を探す旅

想像は創造する。コロナ禍にあるからこそ、自由に想像しよう。カナダは広い。可能性は無限大だ。歩け。歩け。

厳寒の日に夢見るのは北極海へと続く道

最近になって知った事。カナダには北極海へと続く道があるらしい。その名もデンプスター・ハイウェイ (Dempster Highway)。

犬と旅するカナダ コロナ禍の最中にアルバータからオンタリオへ大陸横断ドライブを計画する

引越の為、アルバータ州から五大湖の畔にあるオンタリオ州まで約3800kmの長旅を計画中。コロナ禍の最中、それも2匹の犬と一緒に。

#コロナ禍

コロナ禍でのカナダ人の行動に垣間見たのは「個人主義」なのか?

個人という単位が持つ権利や自由を尊重する、つまり全ての個人に当てはまるのが個人主義で、自分以外の他人の権利は二の次というのではない。

もしホンネしか話す事のできない世界だったら カナダ人は一体何を話すだろう?

どこの社会にも「主流派」と「非主流派」が居て、無条件で刀を与えられた者と、盾すら持つ事ができない者が存在している。

カナダ(アルバータ州)でコロナワクチン3度目の接種を受けて

私が住むカナダ・アルバータ州では、9月1日から一部の人を対象に3度目の接種の提供が開始されている。

最近できたてのダシガラより

カナダ入国前にアメリカで受けたPCR検査が何故か無料だったという話

カナダでは旅行目的のPCR検査が無料で受けられるなどという話は聞かない。ところが、かの「夢の国」では夢を現実にしてくれる場所がある。

コロナ禍の影響を受ける北米のペット医療事情

オミクロン株の流行はペット医療の現場にも影響を与え、人員不足に陥った病院では手配済みの手術も延期を迫られる状況が発生している。

ウィンザーとはどんな町?生活を始めて1ヶ月の今日までに覚えた印象から

ネット上で偶然知ったアブドーラ・ザ・ブッチャーの故郷であるという事実が、私にもこの町に対して不思議な親近感を抱かせてくれた。

冬のカナダ横断引越の旅(2度目の今回はアルバータからオンタリオへ)

ただ走りたいが為に走るのでなければ、その他に目的無くしてわざわざカナダを横断するようなドライブを勧めることは私にはもうできない。

カナダの市民権申請から半年が経過してようやく受理された話

コロナ禍のせいで人員不足に陥ったのは移民局も同じで、各種申請の処理には普段より時間を多く要しているのは知っていた。

【カナダの入国規制緩和】市民権と永住権保持者を対象にPCR検査が不要になるらしい(条件付き)

PCR検査にかかる費用を心配すること無くアメリカへ。コロナ禍で耐え忍び続けたご褒美にと入場料無料でディズニーランドに行くかのようだ。

カナダで難航する「優良借主」探し いつまでも尽きない大家の悩み

夢物語ばかり語るのはやめよう。一度は大家になってみよう。いたずらに賛美されがちなカナダにも存在する美しくない姿が垣間見えることだろう。

20ヶ月振りに開放された米加間の陸路国境

20ヶ月振りにカナダとアメリカの陸路国境が開放された。ところが実際に国境越えをするとなるとまだハードルが高いことに気づく。