カナダには珍しくクーラーが普及する町 オンタリオ州・ウィンザー

カナダという国が一般に結び付けられるイメージ、それは「北国」で「極寒」。あながち間違いではないけれど、そのイメージだけでこの国全体を捉えていると痛い目に遭う。

「北国」のイメージを覆す暑い夏

去年の11月、引越を前に新居探しにウィンザーまでやって来た時のこと、その時はただの偶然だと思っていたのだが、内覧に訪れた部屋のいずれもがクーラー完備であるのに驚かされた私。とりわけ家賃が高い部屋ばかりを見た訳でもないし(まず予算が許さない)、「結構古びた建物なのにラッキー」ぐらいにしか思っていなかった。

カナダに移住してこれまでの6年間、東から西へ、西から東へと何度かの引越を繰り返した中で、予想外の夏の暑さに閉口させられるモントリオールのような町もあった。それでも大半の町は、冬がどれだけ厳しくても、基本的に夏は過ごしやすく、暑さに弱い私にとって、そんな気候こそがカナダに暮らす上での大きなメリットの一つに感じられた。

だからクーラーのある家に住んだことは無かったし、去年の異常気象で(当時住んでいた)エドモントンでもひどい暑さが続いた時は、扇風機を使い、氷水を飲むことでどうにかやり過ごした。

ところが、1年の半分以上が冬だとも言われるカナダで、なぜクーラーを設置した家が周りにも多いのかを、まだ5月にして私も思い知らされた。

ウィンザーはクソ暑い。

まだ5月なのに、日本であれば「真夏日」とされる、最高気温が30度を超える日があった。そして6月がやって来て、今週などは「猛暑日」にあたる35度超えの日まであり、その前後も全くひどい数字のオンパレードで目も当てられない。

この町で初めて夏を迎える私は、これはただの異常気象なのだと自分を言い聞かせたいところなのだが、ご近所さん達の話を聞く限りそんなことはないらしい。少なくとも裏のソーセージ屋さんのお兄さんも、犬の散歩で知り合った小学校の先生も、「夏の盛りの頃はもっと暑い」と、苦虫でも噛み潰したかのような表情で御丁寧に教えてくれた。

犬の散歩は涼しい時間帯に

人間よりずっと地面に近い位置で歩かなくてはいけない犬達にとって暑さは禁物。幸い(?)私自身も暑さを前にすると彼等に負けず劣らずの弱さを発揮するから、わざわざそんな暑い時間に散歩に連れて行こうとは思わない。

ただ、その分他の事をする時間にも融通を利かせられなくては困るし、その日その日の天気によって調整を迫られてしまうものだから、私にとっても、犬にとっても、ルーティーンもへったくれも無くなる。

コロナ禍で在宅勤務になったのをきっかけにペットを飼い始めた人が少なくないらしい。もしそれが猫なら、外に連れ出す必要も無く、どんなに暑い日でも部屋のクーラーをつけさえすれば事足りるのだろうが、犬は当然そういう訳にはいかない。夏の暑さのあおりを受けて生活リズムが狂い、犬を飼ったことを後悔しているような人が居なければいいと願う。

関連記事:『カナダで保護施設から引き取った犬が家族になってそろそろ1年になるこの時に書き残しておきたい事』

ウィンザー生活にクーラーが必要不可欠な理由

過去の気温のデータこそ調べるのはどうにか我慢した私も(カナダ気象庁のサイトで見つけられる)、結局のところあまり利口ではないものだから、「カナダで最も暑い都市ランキング」なるものをネット上で探して見てしまった。それぞれに内容の異なるいくつものバージョンで。

そして案の定、その中にウィンザーの名前を見つけてしまうのだった。それも何度も。これぞまさに後悔先に立たず。ところが、誰しもが持つであろう怖いもの見たさの心理を、私も免れることなどできないのだ。

一点引っかかったのは、10やそこらの都市が順位づけされたランキングをいくつか見たにもかかわらず、そのどれもがモントリオールに全く触れていなかったこと。あんなに暑いのにどうして?

しかし私は思い出した。

庭に設置したプールで戯れるモントリオール人の姿を。

ご近所さんの庭に置かれた7、8人は優に入れる超特大プールと、そのプールにいささか欲張り過ぎるようにも見える量まで貯められた水。初めてその光景を目にした時、「さすがはカナダ、やる事なす事スケールが大きいんだな」などと勘違いしたものの、何の事はない、単にケベック州では水道水が無料であるが故にそんなに贅沢に使えるのだ。

一応はランキングと名のつくものだけあり、ある程度はデータを根拠に作られているとは思いたいのだが、離れてから気がついたケベックの「異端」ぶりを見れば、「そんな贅沢が許されているヤツらは入れてやらない!」と初っ端から除外されていたのかしらん、などと穿った見方すらしてしまいそうになる。

ウィンザーでは水道水は有料だし、町の北側を流れるデトロイトリバーも水浴びができる程きれいには見えない。暑ければ暑いほど不名誉なランキング入りもするし、人も犬もクーラー無しにはとてもやっていられない。

こんなのカナダじゃない!

そう叫びたくなるほどまでに暑さでほてった心と体はクーラーで冷やそう。

関連記事:『ウィンザーとはどんな町?生活を始めて1ヶ月の今日までに覚えた印象から』

オススメのダシガラより

日本国籍を喪失する前に調べておきたいことをリストにしてみる

「日本人だから」とよく知っていると思っていた日本のこと。ところが「元日本人」になろうとしている今、実は知らないことが結構あることに気がついた。

アメリカでも使えるカナダのコストコ会員カードとクレジットカード

カナダで発行されたコストコの会員カードとクレジットカードなら、アメリカでの買い物にもそのまま使えてとても便利。

カナダに於ける犬の予防接種事情

清浄国でもないのに、狂犬病のワクチンすら国単位で義務化されていないカナダだから、どのワクチンをいつ打つのか、飼い主自身がよく学ぶ必要がある。

カナダでペット保険に救われた犬とその飼い主の私

ペット保険の有効性に対し多くの人は半信半疑。しかし実際にペット保険に救われた私なりの結論は、「保険は絶対に必要」だ。

カナダで股関節形成不全の診断を受けた犬のその後

カナダで股関節形成不全の診断が下った犬が、アメリカの大学病院で改めて診察を受けるに至った話。これぞまさに動物版メディカルツーリズム。